ユニット交換式カメラシステムRICOH GXRが発表されました。

GXRは、本体とカメラユニットで構成される、新しいカメラシステムです。それぞれのカメラユニットは、焦点距離の異なるレンズと最適化したタイプ/サイズの撮像素子、画像処理エンジンを搭載しています。これを交換することにより、多彩なシーンに対応。表現力への高度な要求をクリア。カメラユニットの着脱にはスライド機構を採用し、すばやく確実なユニット交換を実現しています。(リコーより)
GXR.jpg

コンパクトデジカメの場合、高倍率のズームを取ると映像素子が小さい物がほとんどで、逆に映像素子の大きい方をとると、ボディーが大きくなったり、低倍率ズームの物になってしまうので、どちらをとるか選択に悩むところです。
レンズに合わせた映像素子を一体にし、ユニットごと交換出来るというのは、とっても斬新な考えだと思います。
銀鉛カメラ時代に聞いた話ですが、一眼レフとレンジファインダーのカメラでは、ミラーが無いレンジファインダーのカメラの方が、レンズの設計に無理がなくていいと言われた事がありました。私がレンジファインダーのカメラやコンパクトカメラに興味がわいたのは、この頃からです。
GXRでは、レンズと映像素子のバランスがいかに重要かが伝わってくるカメラだと思います。
価格の方も高そうですが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください